自己紹介

「雨本洋輔(あめもとようすけ)」としてフリーランスで映像・動画制作、イラスト制作を行いながら、夫婦で株式会社マルタントンという幼児教育に特化したコンテンツ企画制作会社を営んでいます。
幼児教育/アクティブラーニング/動画広告/VR/ブロックチェーン/仮想通貨/文学/哲学思想/野球 に関心があります。岐阜県出身。

marutanton inc.
スポンサーリンク

提供可能な技術・知識

映像・動画制作

ネット中継・生配信

イラストレーション制作(デジタル描画、手描き)

コンテンツ企画制作

フリーランスへの発注・進行管理

小ロットからのノベルティグッズの制作ノウハウ

上記をトータルデザインした広告の提案

山本洋輔 を形成する10の経験

1. ドラゴンクエストで育つ

2. 高校野球で不完全燃焼

3. 大学でデッサンの目的を悟る

4. 映画からTV番組,CM,ネット中継まで一通りの現場を経験

5. 震災を機にフリーランスに

6. 解説動画を8ヶ月で100件以上制作

7. コンテンツの企画運営トライ&エラー

8. 結婚、夫婦で会社経営、第一子誕生

9. 自らのイラストでオリジナル商品開発

10 来るべき変化に向けて新たな環境を整備中←今ココ

△△宜しければお会いした際にお話させてください!

ストレングスファインダー上位5要素

収集心

内省

着想

達成欲

学習欲

これからやりたいこと

■動画広告制作事業

動画の役割は今後さらに大きく、また多様化していきます。媒体が映画のスクリーンからテレビ、そしてスマートフォンと移り変わってきて、次はどこに映るんでしょうか。これまでの映像制作のノウハウではきっと対応できないはずなので、新しいやり方を追求していきたいです。

■VRコンテンツ制作

Vtuberの動画企画制作に携わってみたいです。顔出しNGだけど話が得意な人が動画に登場できたり、キャラクター設定で遊べたり、とてもクリエイティブな試みができる分野だと思います。UStreamやニコ生での配信運用経験を活かし、高頻度で配信を継続できる仕組みづくりにも興味があります。

■スマホゲーム、ブロックチェーンゲームの制作

スマホゲームアプリは一作品だけ自社で企画制作してみたのですが、まだまだ分からないこと、やりきれなかったことがたくさんあります。ゲームはエンターテイメントの中でも最もインタラクティブで自由度の高いコンテンツだと思うので、今後もトライしていきたいです。

『100万点差の甲子園』必ず逆転勝ちできるシュールなタップ&放置ゲーム【アプリ紹介】 - ゲームドライブ(ゲードラ) - スマホ・アナログ・レトロ・新作ゲーム情報を毎日掲載中!
marutantonからリリースされているシュールなタップ&放置ゲーム『100万点差の甲子園』。本稿ではゲーム内容について紹介します。 ゲームドライブ(ゲードラ)ではスマホ・アナログ・レトロ・新作ゲーム情報を毎日掲載中。

■ウェブメディアの企画運営

知識が乏しい状態で挑戦してみたことがあるのですがなかなか結果を出すことは難しく、そのプロジェクトは頓挫してしまいました。その失敗を糧にもう一度挑戦し、仮説検証を繰り返しながらメディアを育てていくことをやってみたいです。

■仕事と育児の両立

幼児教育専門の企画制作会社を夫婦で運営する身として、子供を授かることができたのは幸せなことだと思います。同時に、仕事と育児の両立のモデルケースを作ることが私達の使命だと感じています。

■野球の新しい楽しみ方の追求・提案

日本の最もポピュラーなスポーツ文化の一つである野球。その楽しみ方を多様化することでアップデートし、次世代に魅力を伝えていきたいです。「野球を球場の外に連れ出して、あなたの日常に」をコンセプトに置くブランド「野球と暮らす」の運営を地道に続けていきます。

野球と暮らす ウェブストア on the BASE
シンプルなイラストと使いやすいアイテムで、あなたの日常を応援する『野球と暮らす』です。 シンプルで飽きずに使える日常アイテムに、野球のイラストを散りばめました。 野球に無数のドラマがあるように、あなたが過ごす一日はかけがえのない一日。 『野球と暮らす』は、そんな毎日に寄り添って、あなたの暮らしを応援します。 ...

■人生100年時代の幸福とは/非テキストによる文学の追求

私の人生のミッションは「幸福とはなにか?暮らすとはなにか?」の答えを探し続けることです。この人生が終わるまでに、何らかの形で、その探求の成果を一つの作品に残したいと考えています。それはひとつの文学です。ただし、一般的に言われているテキストの形ではない気がしています。一つのことを突き詰めるのではなく、様々な分野に手を出しているのはこのために必要だからと考えているからです。