細分化された野球ファンに横のつながりを!『野球と暮らす ギフト』に込めた思い

Ⅱ-考えながら遊ぼう

こんにちは、雨本です。
今日は『野球と暮らす ギフト』に込めた野球ファンへの思いについてお伝えします。

野球はまだまだ日本で最もポピュラーなスポーツ

ある調査によると、2017年時点でプロ野球ファンの人口は2845万人。
日本人の5人に1人がプロ野球ファンということになります。
同調査では「最も好きなスポーツ」、「最もよく観るスポーツ」でも野球が1位となっており、まだまだ日本で最もポピュラーなスポーツであることに変わりはないようです。

株式会社マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社の「2017年スポーツマーケティング基礎調査」より

ここに高校野球ファン、MLBファン、その他リーグのファン、そして草野球プレーヤーを合わせれば相当な数になります。

多様な野球ファンが共通で楽しめる存在にしたい

それだけの人数がいれば、当然楽しみ方も多種多様のはずです。
特定の球団がとことん好きな人、なんとなく複数球団にまたがっている人、いろんな野球をつまみ食いする人―。
以前の記事(「なぜイラストレーターがギフトサービスをはじめるのか?」)でも述べましたが、球場のグッズ売り場に「野球そのもの」をモチーフにしたグッズがあっても良いはずです。
『野球と暮らす ギフト』は、野球ファンのみなさんが共通で愛用できる存在にしたくて立ち上げました。

東京表参道のペリーハウスギャラリー

今回『野球と暮らす』の展示を行う会場は、東京表参道にあるペリーハウスギャラリーです。
表参道ヒルズの裏手、閑静な住宅街の中にある小さな商業施設に入っています。


ペリー”ハウス”ギャラリーというだけあって家のように落ち着いた、木のぬくもりを感じるつくり。1月に下見に行った時、到着してすぐに「ここだ!」と感じたのを覚えています。

この空間をどんな風に『野球と暮らす』ワールドにするか、現在ワクワクしながら準備を進めています!

 

《『野球と暮らす ギフト』というサービスをやっています》

『野球と暮らす ギフト』は、暮らしに寄り添うアイテムをホームベース型ギフトボックスに詰め込んでお届けするサービスです。
既存の野球グッズは球団や選手モノばかりで敷居が高いので、シンプルでかわいくて日常で使えるものをイメージしてはじめました。周りに野球好きがいる方、各種ギフトに検討してみてください。

 

『野球と暮らす』ウェブストア

 


 

『野球と暮らす ギフト』というサービスを始めるので個人ブログをはじめます。

タイトルとURLをコピーしました